平成24年度 夏休み子ども竹教室
毎年恒例の夏休み子ども竹教室≠ヘ8月18日に開催しました。

子どもたちの参加がしやすいように、午前の部と午後の部にわけて実施しました。
午前の部は午前10時から12時まで、そして午後の部は午後1時から3時までのそれぞれ2時間実施しました。

午前の部には35人、午後の部でも33人の子どもたちが参加し、予定の30名を超えました。
また、保護者も多かったことから、会場一杯の大変賑やかな竹教室になりました。


各部とも、竹林公園末永館長の挨拶ではじまり、まず渡邊政俊専門員が子どもたちや保護者のみなさんに「竹のおはなし」として、 竹の生態や竹の使われ方などを映像を使って講話しました。


渡邊専門員の「竹のおはなし」

熱心に聞き入る子どもたち

地元のテレビ局も取材に


そのあと、竹林公園協力会の三木清会長がこれから作るうぐいす笛≠ニ竹とんぼ≠フ作り方の基本を説明し、また細工する時の注意事項を話しました。
子どもたちだけでなく、同伴の保護者の方々も熱心に聞き入っていました。


三木会長のおはなしと注意

お話を聞き入る子どもたち

会場一杯の子どもたちと保護者

つぎへ 「うぐいす笛」と「竹とんぼ」つくりに挑戦