百々橋(どどばし)

歴史的に貴重な「百々橋」

竹の資料館から生態園の遊歩道に出てまもなく、池の上に「百々橋」(どどばし)が架けられています。
この橋は、かつて京都市百々町と宝鏡院東町との境の寺之内通に架けられていたもので、応仁の乱(1467-1477)のとき、 細川家(東軍)と山名家(西軍)が11年にわたって戦ったその発端となった橋です。
もともと板橋でしたが、後に石橋に改築されたもので、昭和38年に解体され、 室町小学校に保管されていたものをこの洛西竹林公園へ移築されたもので、京都でなくては見られない遺跡の一つです。

「百々橋」のたもとにはこの橋の由来を示す案内板が立てられいて、その前面にはその当時本当に使われていた橋脚石が置かれています。 その案内板には下のような由来が書かれています。 「百々橋」の下には小池があり、緋鯉が泳いでいます。また、橋からの生態園の眺望も格別です。
百々橋の由来
宝鏡寺門前の東西の通りを百々の辻と呼ぶのは、平安時代からであるが、小川にかかるこの小橋がいちやく有名となったのは、戦国時代この橋をはさんで合戦が行われてからである。
応仁元年(1467年)5月、応仁の乱最初の大合戦にさいし、この橋には細川勝元は以下の三宅、吹田、茨木、芥川氏など攝津の武将が布陣し、山名方の平賀氏と激しく戦った。 ここから、南の方一条戻り橋付近までがその時の主戦場となり、付近一帯が戦火で焼失した。 それから40年後、細川勝元の子政元の跡嗣をめぐって、養子の澄元と澄之が対立、永正4年(1507)6月23日澄之が香西元長(嵐山城主)、 薬師寺長忠らと謀って養父政元を殺し、翌24日澄元を攻めて、この橋で激しく戦った。 澄元は近江へ敗走したが、8月1日には京都へ還り、澄之、元長、長忠を攻め亡した。 この小さな橋には、かくて戦国乱世の歴史のひとこまが刻まれているのである。
なお、明治40年(1907)に改築したもので小川が昭和38年(1963)に埋められ、石橋の貴重な遺構として現地に礎石を遺し、ここに移築したものである。
                                    京都市