京都市洛西竹林公園のあらまし













京都市が理想のまちとして開発しました洛西ニュータウンは、竹の産地大枝・大原野にあり、 竹にかこまれたニュータウンとしても知られています。

現在でも、ニュータウンの各所に在来の竹林景観を残していますが、ニュータウンの建設により多数の竹が伐採されたことから、 残る竹林について積極的に保存しようという声が高まり、ニュータウンの記念事業の一つとして、 昭和56年6月に当竹林公園が開園されました。

いうまでもなく、竹は古くから日本人の生活・産業・分化・芸術などに深い関連持っています。しかし、 一般にはあまり知られていない植物の一つでしょう。そこで、洛西竹林公園では関係機関のご協力を得て、 全国各地から多くの竹類を収集して「生態園」に植栽してあり、また貴重な資料などを「竹の資料館」に展示し、 竹の良さ、素晴らしさ、不思議さなどを広く再確認していただくために建設されたものです。

竹の資料館」は和風建築をイメージしてデザインされ、館内には京銘竹、エジソン電球、竹の生理・生態を説明するパネル、 京都の伝統的竹製品などが展示されています。また、「茶室」が併設されていますので、お茶会などにもご利用いただけます。

生態園」は回遊式和風庭園としてデザインされ、遊歩道を散策しながら竹や笹の生態を観察していただけるように建設されています。 この洛西竹林公園は日本国内では言うに及ばず、現在では世界的にも名高い竹林公園でもあります。 この生態園は勉強の場であり、リクリェーションの場であり、そして竹林浴の場でもあります。
また、生態園にはしだれ桜を中心にした芝生地があり、そこに数々の竹類を集めた「見本園」があります。

さらに、京都市洛西竹林公園の特徴の一つに、建都1200年の歴史を物語る史跡が展示されていることです。応仁の乱の発端となった「百々橋」と 織田信長という人の性格の一面を示す「石造物」は、ご入園の皆様に強烈な印象を与えることでしょう。

ご案内」のページには、手ごろにお買い求め頂ける数々の竹製品の売店、休園日、開園時間、お茶室のご利用方法、子供の広場などを紹介しています。
また、「アクセス」のページで、お越しになる道順を詳しく示しています。 さらに、本園紹介の英語版や他の竹の公園、関連機関などに「リンク」していますのでご参考にして下さい。

皆様のご来園を心からお待ち申し上げています。

京都市洛西竹林公園